【PR】ファイル復旧・復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard Pro」レビュー、うっかりUSBメモリやストレージから消したときに役立つ

その他

EaseUS様からPR依頼を受け、Windows・Mac向けのファイル復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」の有料版を提供していただいたので紹介をします。

間違って重要なデータを削除してしまったときに利用するパソコン向けのデータ復旧アプリ。毎日必要になるようなソフトではありませんが、あったら便利なソフトです。

スポンサーリンク

どんなソフト?

  • Windows・Mac向けのデータ復元ソフト
  • 間違って消したデータを復元
  • 97.3%の復旧率を誇るらしい

というのが主だった機能。この会社は、パソコンやスマートフォン向けのファイル復旧ソフトを出していたり、ストレージのパーティション管理のソフトなどを出している会社です。
EaseUS Data Recovery Wizard
ゴミ箱から削除してしまったり、うっかりフォーマットしてしまった場合でも利用できます。復元できるファイルの種類にもほとんど制限がなく、JPEG、MP3、MP4、Wordファイルなど、普通の人が利用するであろうファイル形式に対応しています。

無料版と有料版の違い

EaseUS Data Recovery Wizard
プランとしては3種類。Freeは文字通り無料ですが、ファイルサイズに制限があり2GBまで。有料プランのProはファイルサイズの制限がなくなり、年中無休のテクニカルサポートが受けられます。Techになると、商用利用も可能になります。

EaseUS Data Recovery Wizard
おそらく普通の人が使うのであれば、無料かProだと思います。Proに関しては、1ヶ月、1年間、永久ライセンスの3種類。そんなに回数使わないのであれば、1ヶ月でも問題ないですが、複数回長期間に渡って使うのであれば、1年プランなどではなく永久ライセンスでも良いかもしれません。

インストール手順

EaseUS®データ復元フリーソフト - EaseUS Data Recovery Wizard Free
【EaseUS(イーザス)公式サイト】EaseUS Data Recovery Wizard Freeは、ファイルやフォルダを無料に復元してくれるデータ復旧フリーソフトです。HDD、外付けHDD、USBメモリ、メモリカードなど、すべての記憶装置からデータを迅速で安全に復元できます。

インストール手順としては、まず「EaseUS Data Recovery Wizard」をダウンロード。今回はMac復元ソフトのバージョンを紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard
ダウンロードしたらそのファイルを開きます。ファイルを開いたら、ドラック&ドロップでアプリケーションフォルダへ移動することでインストールは完了します。

EaseUS Data Recovery Wizard
あとはアプリケーションを起動するだけ。アップグレードする場合は、右上にあるアップグレードボタンからライセンスコードを入力したりクレジットカード情報を入れることで、Pro版へ変更することができます。

実際に消して、復元してみる

EaseUS Data Recovery Wizard
今回はUSBメモリから大事なデータを消してしまったという想定での作業を行います。まず、アプリケーションを起動し、復元したいディスク(USBメモリ)を選択。選択が終わったら、右下のスキャンボタンをクリックします。

あとはディスクがスキャンされるのを待つだけ。スキャンにかかる時間は、USBメモリやストレージの速度であったりパソコンに依存します。

EaseUS Data Recovery Wizard

あとは復元したいファイルにチェックマークをいれて復元するだけ。復元できるファイルの種類にはほとんど制限がないといっていいほどで、筆者が卒業論文を執筆するときに利用していた、Wordファイルや研究の図表などのデータが完璧に読み込まれており、復元することが可能でした。

何回かフォーマットしてしまった記憶もあるのですが、それ以前の写真や動画などのデータもスキャンされており、かなり性能は良さげです。

とりあえず頭の隅に覚えておこう

基本的に、こういったファイル復元ソフトに関しては毎日お世話になることはほとんどないと思います。しかし、どれだけ気をつけていても、うっかり卒業論文などの研究のデータを消してしまったり、大事な仕事のデータを消してしまったりなんてことがあるかもしれません。そんなときにこのソフトを覚えておいて、使うことができたら、救われるかもしれません。

Source:EaseUS

コメント