【今更】HUAWEI P40ではなく P30 Pro HW-02Lを購入しました、P40 or P30 Proどっちがいい?

HUAWEI P30 Pro P40 スマートフォン

いろいろと安くなってきている「HUAWEI P30 Pro HW-02L」を購入しました。なんで今更HUAWEI P40ではなく、P30 Proを買ったのか、そしてドコモ版のP30 Proを購入する際に気を付けたい点を紹介します。

スポンサーリンク

ドコモオンラインショップで大幅値下がり

ドコモ、P30 Pro を4万8312円に値下げ、直販サイトで4月から - Engadget 日本版
NTTドコモは、ドコモオンラインショップで販売中のAndroidスマホ「HUAWEI P30 Pro HW-02L」「HUAWEI P20 Pro HW-01K」「Xperia XZ3 SO-01L」の3機種を4月1日から値下げします。 HUAWEI P30 Pro HW-02L・・・9万288円から4万8312円 ...
4/1よりP30 Pro HW-02Lが90,288円→48,312円に価格改定。50倍ズームのカメラが圧倒的な一台
ドコモオンラインショップにて、ファーウェイの2019年モデルのスマホ「P30 Pro」の価格が改定されます。 P30 Proは最大50倍までズームできるカメラが特徴のファーウェイのスマートフォン。4000万画素の広角、超

既に各所で紹介されている通りですが、ドコモオンラインショップにてHUAWEI P30 Pro HW-02LとP20 Pro HW-01Kが大幅に値下がりしており、前者が90,288円から48,312円、後者が58,872円から30,096円と中古価格よりも新品価格が下回るという事態に。店頭などでも同様の実質的な在庫処分が行われている場所がある模様。

ドコモオンラインショップでチェック

これによって中古価格が下がっていくことも十分に考えられます。

注意:Android 10/ EMUI 10へのアップデートはこない

ドコモ
注意点としては、Android 10/ EMUI 10へのアップデート対象ではない点。Mate 20 ProやP30 liteなど、SIMフリー版に関しては最近のスマホほとんどにアップデートの配信が開始されているのですが、ドコモ版のP20 ProやP30 Proには配信されないという結果に。最新の機能を試せないという点には注意が必要です。

なぜP40シリーズじゃないのか?

価格

HUAWEI P40
まず最大の理由は価格。一番安いP40でさえ799ユーロ(約96,210円)という価格。P40 Proは999ユーロ(約120,254円)、P40 Pro+に至っては11399ユーロ(約168,453円)もします。正直なところそこまでの金銭的な余裕はなく、せいぜい買えてもP40が限界かなと思っていました。

一方P30 Proは約5万円。P40シリーズで基本性能が向上しているとはいえ、普段使いなどのコストを考えると前者で十分かなという感覚になります。

P30 ProはP40よりカメラが多い

P30 Pro P40
センサーサイズ 1/1.7インチ 1/1.28インチ
カメラ1 4000万画素(広角, f/1.6) 5000万画素(広角, f/1.9)
カメラ2 2000万画素(超広角, f/2.2) 1600万画素 (超広角, f/2.2)
カメラ3 800万画素(望遠, 光学5倍, f/3.4) 800万画素 (望遠, 光学3倍 f/2.4, OIS)
カメラ4 ToFカメラ

カメラの違いに関しては上記の通り、両者ともにRYYBのセンサーを搭載しており、センサーサイズに関してはP40シリーズの方が大き目。ただし、望遠に関してはP30 Proが光学5倍に対し、P40が3倍になっています。

正直なところスペック上だけでは、どちらが綺麗なのか判断することはできず撮りくらべする必要はあると思いますが、現時点の情報やP30 Proの作例を見ていると、これで十分なのでは?と思うこともしばしばありますね。

P30 ProはP40より防水が良い

P30 Pro P40
防水防塵 IP68 IP53

防水防塵に関してはP30 ProはIP68、一方P40に関してはP30などこれまでの無印シリーズ同様にIP53となっています。正直 IP53の防水性能は雨濡れ程度にしかよけであり、筆者は信頼信頼していないので、水に誤って落下させた時のことを考えるとIP68は欲しいところです。

P30 Proは買う価値ありそう

もちろんドコモ版のP30 Proに関しては、メジャーアップデートがこないなど気になるポイントはありますが、SoCやカメラのスペックと価格を考慮すると購入する価値は十分ありそうです。ただ金銭的な余裕があるのであれば、P40ではなくSIMフリーで出ることが決まっているMate 30 Proや、その可能性があるP40 Proに行った方が長期間楽しめると思うので、そちらを勧めたいですね。


Source:ドコモ|Huawei

コメント