ファーウェイ・ジャパン、「HUAWEI MateBook D15 Intel」発表、第十世代Core i5搭載、バッテリー持ちは向上

ニュース

ファーウェイ・ジャパンは、既存のMateBook D15のIntel製プロセッサ搭載版である、「HUAWEI MateBook D15 Intel」を発表しました。2020年8月28日金曜日に発売となります。

スポンサーリンク

スペック

OS Windows 10 Home
CPU 第十世代Intel Core™ i5-10210U
グラフィック Intel UHD620
RAM 8GB
ストレージ 256GB PCIe SSD
ディスプレイ 15.6インチ, IPS, 1920 x 1080
ウェブカメラ 100万画素, 格納式
バッテリー容量 42Wh
通信 802.11a/b/g/n/ac, Bluetooth5.0
サイズ・重量 358 x 16.9 x 230 mm, 1.53kg
カラー スペースグレー
コネクタ USB-A 3.0, USB-A 2.0 x 2, USB-C 2.0, HDMI 2.0, 3.5mmジャック
その他 電源ボタン一体型指紋センサー, Huawei Share OneHop, WPS Officeプリインストール

基本的なスペックは、既存のMateBook D15と共通であり、プロセッサ周りのみAMDからIntelへと差し替えられたかたちとなります。また、この仕様変更により、容量は同じであるもののバッテリー動作時間が10.2時間と、2時間ほど延長されています。

Intel派におすすめ!ただし気になる点も…?

今回MateBook D15のラインナップにIntel製プロセッサ搭載モデルが追加されたため、互換性などを理由にAMD製プロセッサを避けていたユーザーにもおすすめできる製品となりました。

一方で、ストレージが256GBと少ないことと、Core i7搭載モデルが存在しない点は気になるところ。ストレージ容量を重視するのであれば、既存のRyzen版MateBook D15を選んだほうがいいのかもしれません。

Source: ファーウェイ・ジャパン

ニュース MateBook
スポンサーリンク
Yagileoをフォローする
スポンサーリンク
Huawei通信

コメント