【価格・スペックまとめ】ペン入力や5000mAhのバッテリー搭載7.2インチスマホ「HUAWEI Mate 20 X」発表

Mate 20 X ニュース

Huaweiは10月16日ロンドンで行われた発表会にて7.2インチの超大画面スマートフォン「HUAWEI Mate 20 X」を発表しました。ちなみに”X”はテンではなくエックスと読みます。

スポンサーリンク

HUAWEI Mate 20 Xのスペック

OS Android 9 & EMUI 9.0
CPU HUAWEI Kirin 980
RAM 6GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 7.2インチ, OLED, FHD+ 2244 x 1080
アウトカメラ 4000万画素 (広角, f/1.8) + 2000万画素 (超広角, f/2.2)
+ 800万画素 (望遠, f/2.4), AIS (Huawei AI Image Stabilization).
インカメラ 2400万画素, f/2.0
バッテリー容量 5000 mAh
LTE FDD:B1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26,
TDD:B34/38/39/40
Wi-Fi等 802.11a/b/g/n/ac, Bluetooth5.0
GPS GPS (L1 + L5 dual band) / AGPS / Glonass
/ BeiDou / Galileo (E1 + E5a dual band) / QZSS (L1 + L5 dual band)
サイズ・重量 174.6 x 85.4 x 8.15 mm、232g
カラー Phantom Silver, Midnight Blue
その他 指紋認証, 顔認証、3.5mmイヤホンジャックあり

ディスプレイにカメラ部分だけのノッチがある点や、指紋センサーが背面にある点はMate 20と同じですが、ディスプレイの方式がOLEDであったりカメラはMate 20 Proと同等の仕様になっています。

HUAWEI Mate 20 Xの価格

HUAWEI Mate 20 X
価格は899ユーロ(約116,609円)からとなっています。ちなみにこの値段はMate 20 Proの1049ユーロ(約136,285円)よりも安くなっている点に注目です。

Mate 20 Xの特徴

7.2インチの大画面ディスプレイ

Mate 20 X
スマートフォンとしては7.2インチの有機ELディスプレイを搭載。ディスプレイにはカメラ部分のノッチとなっており、Mate 20と共通のデザインですね。

ペン入力にも対応

Mate 20 X
Mate 20 XではMediaPad M5シリーズでも使われたM-Penが利用可能になっており、4096段階の筆圧検知に対応しています。大画面を生かしてメモ書きするのは便利そうですね。

冷却性能強化

Mate 20 X
Vapour ChamberやGraphene Filmといったものを使い、内部の冷却性能を向上。
Mate 20 X
発表会中は実際に温度計測をした結果をだしており、Galaxy Note 9やiPhone XS Maxなどに比べて高い冷却性能を発揮していることをアピールしています。

Game Padも

Mate 20 X
上で冷却性能を向上させているとありましたが、実際にゲーム方面での機能を強化させておりゲームパッドを取り付けることでゲーム機のようにプレイすることもできます。

バッテリーは5000mAh

mate 20 X
バッテリーは5000mAhとスマホにしてはかなり大容量になっており、長時間の動作が可能です。

カラーバリエーションは2色

Mate 20 X
カラーバリエーションはPhantom Silver, Midnight Blueの2色展開。

画面は大きいけど….

画面は7.2インチと大きく、少しスマートフォンとして扱うには大きくなっていますが、ペン入力に対応したり冷却性能が向上しゲームしやすくなっている他Mate 20 Proと同等のカメラ性能を備えながらも、価格はMate 20とMate 20 Proの間となっており、地味にコストパフォーマンスが高いスマホになっている点は注目です。

Source:Huawei

Huawei通信の管理人です。

コメント