ヨドバシカメラにて「HUAWEI Mate 30 Pro」の実機が展示中、実際に触れる様に!

HUAWEI Mate 30 Pro ニュース

ヨドバシカメラ マルチメディア梅田のファーウェイショップにて「HUAWEI Mate 30 Pro」の実機が展示されています。以前までは全く触れずガラスケースの中での展示という形でしたが、実際に触れる状態になって展示されていました。

スポンサーリンク

実際に触ってみた

HUAWEI Mate 30 Pro
画面サイズは6.53インチで解像度は2400 × 1176のOLEDディスプレイ。大画面で持ちにくそうな印象を受けますが、幅が73.1mmと意外に細く、ディスプレイのサイドがラウンドしているので、結構持ちやすい仕上がりになっています。
ディスプレイは非常に綺麗でノッチを除く上下のベゼルが、なるべく均等な太さになっているのはデザイン上非常に美しいですね。

HUAWEI Mate 30 Pro
国内販売モデルはオレンジのみ。しかも材質はガラスではなくヴィーガンレザー。触る前はプラスチックな感じが残っていてチープさを感じると予想していたのですが、実際に触ってみると本物の革製品に近い印象で、滑りやすさなどもなく、かなり好印象でした。

HUAWEI Mate 30 Pro
カメラ部分に寄ってみた写真がこちら。

HUAWEI Mate 30 Pro

意外に革っぽい

クオリティ高く欲しくなる一台

HUAWEI Mate 30 Pro
価格が128800円(税抜)、税込みになると14万円程度。さらにはGoogle Playストアにも対応しておらず、HMSのApp Galleryのみ。

現時点では、誰にでもおすすめできるようなことはなく、少しハードルが高い製品になってしまいますが、実際に実機に触ると欲しくなるいいスマホですね。

コメント