10インチサイズでKirin960s搭載 & Amazon専売「MediaPad M5 10.8」発表、これでMediaPad M5の上位モデルが揃うことに!

MediaPad M5 10.8 タブレット

Huawei JapanはMediaPad M5 8.4の10インチモデルとなる、「MediaPad M5 10.8」を発表しました。Proとの主な違いとしてはペンに非対応な点となっており、Amazon専売となっています。

スポンサーリンク

MediaPad M5 10.8のスペック

OS Android™ 8.0 Oreo / Emotion UI 8.0
CPU Kirin 960s
RAM 4GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 10.8インチ、解像度:2560×1600、IPS
アウトカメラ 1300万画素
インカメラ 800万画素
バッテリー容量 約7500 mAh、急速充電 (9V,2A )対応
サイズ・重量 171.8 x 258.7 x 7.3 mm、500g
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 準拠
GPS GPS / Glonass / BDS
カラー スペースグレイ
その他 クアッドスピーカー、指紋認証、イヤホンジャックなし

MediaPad M5 10.8の価格

MediaPAd M5 10.8は他の8.4インチモデルや、10.8インチサイズのProモデルと異なりAmazon専売となっており、市場想定売価は44,800円(税抜)となっています。

MediaPad M5 10.8の特徴

美しいディスプレイ

MediaPad M5 10.8
2,500×1,600解像度のIPSディスプレイを搭載。基本的な性能に関してはペンの使えるProモデルに近い性能になっています。

クアッドスピーカー搭載

MediaPad M5 10.8
最近は廉価モデルでも見られる様になりましたが、M5 10.8にもHarman/Kardonの音響チューニングが入ったスピーカーが搭載されており、高音質なオーディオ体験が可能。

M5 liteかM5 10.8かM5 Proか

ペン非対応の10.8が発売されて悩むのが、10インチサイズのHuaweiタブレットはどれを買うべきなのかという問題。安くペンを使いたいのであれば、M5 liteですが、少しお金を出せば性能の高めなM5 10.8が購入できますし、更にもう少しお金を積めばペンの利用できるM5 Proが買えてしまいます。

とりあえずのところ、ペンを使いたいかどうかでM5 liteやM5 Proを検討し、ペンは使わないかつ性能が良いほうが良ければM5 10.8を買うという流れが良さそうです。

Source:Huawei

Huawei通信の管理人です。

コメント