Mate40シリーズは八角形カメラデザイン?新たなティザー画像が公開

ニュース

発表まで一週間ほどとなったMate40シリーズですが、中国版Twitterと言われるWeiboにて新たなティザーが公開されました。どうやらMate40シリーズでは、八角形のカメラデザインが採用されるようです。

スポンサーリンク

新たなティザー画像で八角形カメラを示唆

ティザー画像に映っている端末から、巨大なカメラユニットが確認できます。画像には図形の一部分しか映っていませんが、歴代Mateシリーズが左右対称のカメラ配置を採用していたことや全体のバランスを考えると、八角形である可能性が非常に高いです。

このティザー画像に映っている端末についてですが、八角形の周りがHUAWEI P40Pro+のようになだらかに盛り上がっていることから、最上位のMate40 Pro+であると考えています。

Mate20シリーズでは正方形、Mate30シリーズでは円形カメラユニットが採用されていたため、Mate40シリーズには別の図形が選ばれてもおかしくありません。Mate30シリーズ発表直後のファンアートには三角形などいろいろな図形のカメラユニットが描かれていましたが、別の図形を選ぶアイデア自体はHuawei側にもあったようです。

HUAWEI Mate40シリーズの製品発表会は、日本時間10月22日午後9時より開始予定です。

ニュース
スポンサーリンク
Yagileoをフォローする
スポンサーリンク
Huawei通信

コメント