5.9インチ18:9ディスプレイ、デュアルカメラ搭載「HUAWEI Mate 10 lite」発表、12月8日発売

Mate 10 lite ニュース

Huawei Japanは11月28日、国内での「HUAWEI Mate 10 lite」を発表しました。5.9インチ18:9ディスプレイ、インカメラアウトカメラ共にデュアルカメラ搭載しており、12月8日販売開始、価格は4万2800円(税抜)です。

スポンサーリンク

Mate 10 liteのスペック

OS Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
CPU Kirin 659 オクタコアCPU (4 x 2.36GHz A53 + 4 x 1.7GHz A53)
RAM 4GB
ストレージ 64GB(MicroSD対応)
ディスプレイ 5.9インチ 18:9 IPS, 2160×1080
アウトカメラ 1600万画素 + 200万画素
インカメラ 1300万画素 + 200万画素, ソフトライトLEDフラッシ
バッテリー容量 3,340mAh
サイズ・重量 156.2 x 75.2 × 7.5 mm、164g
カラー グラファイトブラック、オーロラブルー
LTE対応Band FDD LTE: B1/3/5/7/8/19/28
TDD LTE: B38/40/41
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 b/g/n 準拠 (2.4GHz)
Bluetooth Bluetooth® 4.2 with BLE (aptX 対応)
その他 指紋認証、

Mate 10 liteの特徴

インカメラもデュアルカメラ

Mate 10 lite
Mate 10 liteはアウトカメラだけではなくインカメラにもデュアルカメラを搭載。画素数の多いほうがメインに撮影を担当、画素の少ない200万画素の方が被写界深度を捉える役割を果たしています。
このあたりはハイエンドモデルであるP10やMate 10 Proのモノクロ+カラーセンサーの組み合わせとは異なっています。

価格は税抜き4万2800円、税込み46,224円ですが、Amazonなどでは42,008円で予約可能となっており、かなり頑張った値段になっているのではないでしょうか。

コメント