Honor Magic Watchをステンレスバンドへ「Kartice Compatible Huawei Watch GT用ステンレスバンド」レビュー

Honor Magic Watch ウェアラブル

Honor Watch Magicを利用していたのですが毎日利用するに当たってシリコンバンドではなく、ステンレスバンドに変えてフォーマルな感じで利用してみたいと思ったので「Kartice Compatible Huawei Watch GT用ステンレスバンド」を購入してみたのでレビューします。

スポンサーリンク

Huawei Watch GT用が使える

Honor Watch Magic
バンドの幅に関しては接続部分が22mmタイプのものが利用できます。調べているとGalaxy Gear S3など他メーカーでも似たようなサイズのものであったり、レバーで取り外し可能なバンドが採用されている模様。
Huawei Watch GTやHonor Watch Magic対応と書かれているものが良いかもしれません。
しかもステンレスバンドに関してはバンドの調節が必要なので、調節工具がついているものであったり、家にある工具で簡単に調節できる者がおすすめ。今回購入したのは以下のもの。

パッケージ開封

Honor Magic Watch
パッケージは白ベースの箱に、バンドの絵が書かれています。バンドの調整用の器具が入っているためかなりしっかりした箱に入っています。
Honor Magic Watch
開封するとバンドとご対面。バンドにはフィルムが貼られており傷つかない様になっています。
Honor Magic Watch
内容物はバンド本体やと取り替え方の説明書や今回の購入の決め手となったバンドの調節用器具、バンドとWatch本体接続用の棒が入っています。

バンドの調節は簡単

Honor Magic Watch
バンドの調節に関しては、上記の画像の様に矢印がついている計6個分が調節可能になっています。
Honor Magic Watch
上のような画像に合わせて台にバンドをセットし、穴の部分に調節用の針を当て上からハンマーで叩くだけ。そんなに力を入れなくても棒を外して調節することができます。

バンドの取り外し付け方

Honor Watch Magic
Watchの裏側にある銀色のレバーを動かすだけで、外すことが可能。爪で外そうとすると結構硬いので、先のしまった状態のボールペンで動かしてやると外しやすいです。
Honor Magic Watch
あとはWatchに取り付けるための棒を、ステンレスバンドに差し込んでつけるだけです。

本体とマッチして美しい

Honor Watch Magic

実際に取り付けてみたあと


Honor Watch Magic

バンドと時計の接続部


Honor Watch Magic
適度につや消しされてバンドになっており、Honor Watch Magicのブラックカラーと非常にマッチしています。バンド自体ゆるすぎたり硬すぎたりすることもなく質感も良好。
Honor Watch Magic
バンド自体もボタンを押すだけで取り外すできるタイプになっています。シリコンタイプと違い腕に通してパチっとはめることができるので、取り外しはすぐですね。

Honor Magic Watch
今回購入したバンド、Amazonで1869円と2000円以下で購入可能。調節工具も付いてなおかつ質感もよく、簡単にHonor Magic Watchの雰囲気をスポーティなものから、フォーマルな感じに変更することができるのでかなりおすすめです。

Honor Magic Watch

Honor Watch Magic

常時心拍計測、VO2max、気圧計、GPS対応、1週間以上のバッテリー持ち

オススメ

コメント