ファーウェイ・カスタマーサービスセンター梅田はファンなら訪れたい場所!

ファーウェイカスタマーサービスセンター梅田 考察

先日MateBookの修理をどうするかで悩んだとき、ファーウェイ・カスタマーサービスセンター梅田に訪れたので、どんな場所だったのか紹介したいと思います。

【修理見積もり】MateBookのタッチパネルが反応しない問題発生、延長保証サービス提供されてないよ
筆者が現在利用しているHUAWEI MateBook(HZ-W09)のタッチパネルが反応しなくなってしまったので、ファーウェイ・カスタマーサービスセンター 梅田店で状態の確認と修理見積もりを出してもらいました。MateBookに起きた問題
スポンサーリンク

外観

ファーウェイカスタマーサービスセンター梅田
場所は大阪駅前第2ビル1階の外向きにあります。外観はまだできて年数が経っていないからか非常に美しく、第2ビルの周りを歩いているとすぐに見つけられると思います。

ちなみに自動ドア入ってすぐ横にある端末が来店の整理番号を出す機械なので、要件をタップしたり、来店予約した場合は電話番号を入力しましょう。

中にはHuawei製品がいっぱい

ファーウェイカスタマーサービスセンター梅田

MateBook EとX、X Proは無し


店内にはHuawei製品が多数取り揃えられています。現在ラインナップされているモデルすべてではありませんが、主力モデルは大体用意されており、近隣の家電量販店は人がたくさん居たり、店員さんがいっぱい話しかけてきて鬱陶しい場合は、こちらに来て触るのもいいかもしれません。
ファーウェイカスタマーサービスセンター梅田
タブレットはMediaPad M5、M5 Pro、M3 lite 10 wp、T3 10が置かれていました。
ファーウェイカスタマーサービスセンター梅田
スマートフォンはドコモから出ているP20 Pro、SIMフリーのP20、Mate 10 Pro、少し古いモデルですがhonor 8やnovaも未だに展示されていました。

純正アクセサリーや保証類も

ファーウェイカスタマーサービスセンター梅田
HUAWEI ONLINE STOREにもない、Mate 10 ProやP10シリーズ向けの純正ケース、スマートフォンやタブレット向けの保証サービスも置かれており、なかなか国内では入手方法の少ないレアなケースも買えてしまうのでHuaweiファンは必見です。

また行きたい

新製品発表時にどれくらいの速さで展示されているのかはわかりませんが、落ち着いた静かな店内でゆっくりHuawei製品を見られる場所はここくらいしかなく、じっくり検討したい方にはおすすめ。撮影禁止の修理ブースもありなかなか特別な空間になっています。近くに来たときや修理の際は利用してみてはいかがでしょうか?

Huawei通信の管理人です。

コメント