Huawei、中国で「Honor Pad V6」発表、10.4インチ・Kirin985・ペン・キーボード対応のハイスペックタブ

Honor Pad V6 ニュース

Huawei傘下のHonorは中国で10.4インチサイズのタブレット「Honor Pad V6」を発表しました。Kirin985を搭載し、ペンやキーボード、5GやWi-Fi 6にも対応したハイスペックタブレットになっています。

スポンサーリンク

Honor Pad V6のスペック

OS Magic UI 3.1
CPU HUAWEI Kirin 985
RAM 6GB
ストレージ 64/128GB(MicroSD対応)
ディスプレイ 10.4インチ, IPS, 2,000 x 1,200
アウトカメラ 1,300万画素 (f/1.8)
インカメラ 800万画素, f/2.2
バッテリー容量 7,250mAh
5G 5G対応モデルもあり
Wi-Fi等 802.11a/b/g/n/ac/ax, Bluetooth5.1
GPS Glonass/北斗
サイズ・重量 154.9 x 245.2 x 7.8mm、480g
カラー Black, Green, Sliver
その他 4,096段階筆圧検知

10.4インチサイズとMatePad 10.4と同等。縦横のサイズはほとんど変わらず、厚さが0.45mm違うだけですね。重量はHonor Pad V6が30gだけ重くなっています。Kirin 985と5G対応のSoc搭載により、5Gによる通信とWi-Fi 6の高速通信が可能になっているところも見どころ。

価格などの詳細は現時点では未定になっています。

Honor Pad V6の特徴

カラーバリエーションは3色

Honor Pad V6
カラーバリエーションはSilver, Black, Greenの3色展開で、MatePadシリーズと比べるとHonorシリーズ独特の派手さがあり非常にかっこいいですね。

ペンとキーボードも使える

Honor Pad V6
MatePadシリーズ同様に4096段階の筆圧検知にも対応。Magic-Pencilを使うことで細かなお絵かきやメモなどにも対応しています。

Honor Pad V6
専用のキーボードケースも用意され、物理キーによるタイピング入力が可能になるほか、画面分割にも対応しているので、写真や動画をみながら文字を打つみたいな作業も可能です。

Kirin985搭載でハイスペック

Kirin 985
SoC(CPU)にはKirin 985を搭載。Antutuなどのベンチマークスコアを見る限り、P30 Proなどに搭載されているKirin 980やSnapdragon 765Gを上回るとされており、Kirin 820 < Kirin 985 < Kirin990といった立ち位置になっています。

MatePad 10.4とMatePad Proの中間的存在

Honor Pad V6
性能的にはMatePad 10.4とMatePad Proの穴を埋めるような製品になりそう。実際の価格がまだ現時点では未定ですが、MatePad 10.4がキーボードに非対応だったことから、Proよりも安価にキーボードとペンを使いたいといった用途や、かっこいいデザインのタブレットが欲しい!という場合には最適かもしれません。

【まとめ】Huaweiが「MatePad Pro・Mate Xs・MateBookシリーズ」などの新製品発表、概要をまとめてみた
2月24日に発表されたファーウェイ製品を少し遅くなりましたが、全体的にまとめてみました。 Mate Xs 昨...



Source:Vmall

コメント