珍しくSnapdragonを搭載した7.12インチスマホ「Honor 8X Max」発表、5000mAhのバッテリー搭載

Honor 8X Max ニュース

Huaweiにしては珍しくSnapdragon660/636を搭載した7.12インチスマートフォン「Honor 8X Max」が発表されました。

スポンサーリンク

Honor 8X Maxのスペック

OS Android 8.1 & EMUI 8.2.0
CPU Snapdragon 636/660
RAM 4/6GB
ストレージ 64/128GB
ディスプレイ 7.12インチ、解像度:2240×1080
アウトカメラ 1600万画素+200万画素
インカメラ 800万画素
バッテリー容量 5000mAh
サイズ・重量 177.57 x 86.24 x 8.13mm、210g
カラー ブルー、レッド、ブラック
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 準拠
その他 指紋認証

Honor 8X Maxの特徴

もはやタブレット、7.12インチの大画面

Honor 8X Max
画面サイズは小型タブレット並の7.12インチという大きさ。ディスプレイにはP20の様に幅のあるタイプのノッチではなく、カメラ部分のみの切り欠きとなっており非常にシンプル。

一応スマートフォンとはなっていますが、7インチタブレットの感覚で利用しても良いかもしれません。

Snapdragon636/660搭載

Honor 8X max
Huaweiのスマートフォンとしては珍しく、子会社のHisiliconのKirinシリーズではなくQualcommのSnapdragon636/660を搭載。

バッテリーは大容量5000mAh

Honor 8X Max
バッテリーは5000mAhとスマートフォンとしてはかなりの大容量に。画面サイズが大きくなって本体も大きくなった結果、搭載できるバッテリーの量が増えたのかもしれません。

変わり種も面白い

7.12インチというとなかなかスマートフォンのサイズ感ではなく、片手で常用するのは厳しそうですが、これはこれで人に寄っては受けそうな製品だったりします。Honorシリーズとして国内でも販売されたら面白いかもしれませんね。

Source:Huawei

Huawei通信の管理人です。

コメント