【レビュー】「Honor 10」のレビュー

Honor 10 スマホレビュー

Honor 9同様に美しいデザインであったものの、nova 3が販売されたため国内でも販売されなかった「Honor 10」ですが、昨年末に一度購入して使用していました。

時期的にも話題性的にもいまいちであったため、レビューを書いたまま下書きに入れていたのですが、一応日本語のHonor 10のアーカイブとして紹介しておきたいと思います。

スポンサーリンク

外観:HUAWEI P20に近いデザイン

Honor 10
ディスプレイはP20同様のコンパクトなノッチありのデザイン。下部には指紋センサーがあります。P20シリーズでは立体的なボタンとして用意されていましたが、Honor 10では完全な平面でディスプレイのガラスと一体化、指紋センサーの部分は点線の枠で囲まれており、目立ちにくくなっています。

Honor 10
Honor 20などではカメラは縦並びになりましたが、Honor 10では横並び。2400万画素(モノクロ)+1600万画素(カラー)の構成でした。ちなみにP20は1200万画素RGB(カラー)+ 2000万画素(モノクロ)。

性能・バッテリー持ち


性能に関してはKirin970を搭載。筆者の購入したモデルはRAM4GBモデルでした。上位モデルではRAM6GBのモデルなども用意されていました。年末の時点でKirin990搭載のHUAWEI Mate 30シリーズが出るなど2世代前のハイエンドとなりますが、正直な所日常生活で利用する上で物足りなさはありません。ゲームなどで動作をこだわらなければ現在も通常使用に問題はありません。

バッテリー持ちについても3400mAhと比較的大容量で使用上気になるポイントはありませんでした.

カメラ作例

Honor 10

Honor 10

Honor 10のカメラで撮影した写真を一部紹介。Mate 20 Proなどと比較すると風景にせよ、ご飯にせよ色は少し薄めになっている印象ですが、食事などに関しては寧ろ良いかもしれません。

総評

P20同様本体のサイズ感も5.84インチと、最近のスマートフォンとしては比較的小さく、ホールド感の良さは抜群。価格も抑えられており、かなりいいスマホでした。正直なところnova 3が発売されてしまったので、とくに購入するメリットはありませんが、前面指紋認証にメリットを感じるのであればいいかもしれませんね。

コメント