Huawei、中国市場向け「HUAWEI Enjoy20 Plus」発表、90Hzディスプレイ搭載、グローバル版Mate40 liteの可能性

ニュース

Huaweiは中国市場向けに、「HUAWEI Enjoy20 Plus」を発表しました。5G通信や高リフレッシュレート表示に対応するなど、トレンドをおさえた充実のミドルレンジスマホです。

スポンサーリンク

Enjoy20 Plusのスペック

OS EMUI 10.1(Android 10, GMS無し)
CPU MediaTek Dimensity720 5G(MT6853)
RAM 6GB/8GB
ストレージ 128GB, NMカード対応(最大256GB)
ディスプレイ 6.63インチ, LCD, 2400 x 1080, 90Hz表示対応
アウトカメラ 4800万画素 (広角, f/1.8) + 800万画素 (超広角, f/2.4) + 200万画素 (マクロ, f/2.4)
インカメラ 1600万画素(f/2.2), ポップアップ式
バッテリー 4200mAh, Max40W HUAWEI SuperCharge
Wi-Fi等 802.11a/b/g/n/ac, Bluetooth5.1
GPS GPS/AGPS/Glonass/BeiDou
サイズ・重量 76.5 x 163.5 x 8.95 mm, 197g
カラー Silver, Black, Green, Pink
その他 電源ボタン一体型指紋センサー

最近ファーウェイ製品において採用が増えているMediaTek製プロセッサを搭載しています。40W充電や90Hz表示、5G通信に対応するなど、フラッグシップモデルと同等の機能も備えています。また、ファーウェイ製品としては珍しく、ポップアップ式のインカメラを備えていることも特徴です。

Enjoy20 Plusの価格

価格については、6GBモデルが2299人民元(約35,700円)、8GBモデルが2499人民元(約38,800円)となっています。(円換算価格は記事執筆時点)

Mate40 liteとしてグローバル展開される可能性も

気が付いた方もいるかと思いますが、Enjoy20 Plusの背面デザインは、Mate30シリーズとよく似たものとなっています。

左からMate30Pro,Enjoy20 Plus

過去にMaimang6とMaimang9が、それぞれMate10 liteとMate20 liteとして国内展開されたことがありますが、どちらの端末も、一世代前のフラッグシップMateシリーズとよく似た背面デザインとなっています。

左からMate9,Mate10 lite,Mate10 Pro,Mate20 lite

このことから考えると、Enjoy20 Plusがグローバル市場向けに出荷される場合、Mate40 liteとして展開される可能性が非常に高いと言えます。

続報に期待しましょう。

Source: Huawei

コメント