Huaweiスマホにピッタリなモバイルバッテリー「Anker PowerCore フリーザー 10000 」レビュー

Powercore 10000 フリーザー アクセサリーレビュー

Ankerが出しているモバイルバッテリー「PowerCore フリーザー 10000」を購入してみました。

筆者が好きなポケモンとコラボしたモバイルバッテリーで、オリジナルポーチが付属するなどなかなかクオリティが高くなっています。

スポンサーリンク

パッケージ

Powercore 10000 フリーザー
パッケージの外観にはフリーザーがプリントされており、積極的にポケモンとコラボしたことを打ち出しているデザイン。
Powercore 10000 フリーザー
Ankerの独自技術PowerIQに対応していることや仕様、使い方などが書かれています。
Powercore 10000 フリーザー
内容物はバッテリー本体、MicroUSBケーブル、ポーチ、説明書類となっています。

シルエットモチーフのデザインがかっこいい!

Powercore 10000 フリーザー
バッテリー本体はキャラクターがそのまま描かれているのではなく、フリーザーのシルエットが描かれており、それが水色で塗られているというデザイン。さりげない感じなので日常生活に忍ばせていてもなんら違和感はありません。
Powercore 10000 フリーザー
背面は商標などの印字以外特に目立ったものはなくシンプル。
Powercore 10000 フリーザー
USBの口は一つで、MicroUSBはバッテリーを充電するためのモノになっています。
スマホを複数台持ち歩く人には物足りないかもしれませんが、普通の人が1日使ってちょっと足りなくなったときに補充する程度の使い方であれば不満を感じることはありません。

Powercore 10000 フリーザー

認証のマークなど


Powercore 10000 フリーザー
ポーチはバッテリーとは逆に青地に白のシルエットでフリーザーが描かれています。バッテリーとは逆になっておりオシャレですね。記事はマイクロファイバー調で柔らかめ。
Powercore 10000 フリーザー

背面はバッテリー同様


Powercore 10000 フリーザー

充電残量は4段階表示

nova 3のアイリスパープルと相性バツグン

Powercore 10000 フリーザー
筆者が持っているのはnova 3iのアイリスパープルモデルですが、本体カラーとの相性は抜群。ポーチには余裕があり、MicroUSBケーブルに加えて、USB Type-Cケーブルを入れることもでき携帯性も抜群です。

充電回数に関してもスマホであれば2回程度、タブレットであれば1回は行なえ通常利用としては問題ないですね。むしろより大容量のものよりもある一定のサイクルで充電をおこなっていけるので扱いやすいかもしれません。

現在ポケモンとコラボしたモデルは在庫切れになっているようで購入できないものの、ブラック・ホワイト・レッドカラーが販売中。最安のブラックが2,799円で購入可能。品質もよく性能もいいので個人的にかなりおすすめです。

Huawei通信の管理人です。

コメント